スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカも呆れる反日

「反日」中国に不利益 米紙、社説で警鐘 要因は教育、経済関係損なう】産経新聞

常任理事国入りを目指している日本ですが、それに反対する動きが中国内で活発化しています。
日本製品の不買運動や、まだ不確定情報ですが中国内の日系企業であるイトーヨーカドーが暴徒に襲われたとの情報もあります。

中国が支配体制の維持の為に反日教育をしていというのは有名な話です。
しかし、中国内での反日運動は共産党自身での制御が難しくなっている事も事実です。自ら率先して行った反日政策によって足元をすくわれかねない事態になってきています。
政冷経熱と言われる今の日中関係ですが、中国国内での反日が行き過ぎると日本のみならず中国も経済に打撃を受けます。
中国政府はそうならない為にも行き過ぎる反日運動の押さえ込みをしていますが、そのような姿勢が逆に反日勢力から弱腰との批判を受けています。

今後、反日運動が崩壊するような事があればその運動の矛先は間違いなく共産党へ向かい、中国の分裂の危機を引き起こす可能性があるでしょう。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国政府主導の反日運動を批判

中国政府が実質的に主導している反日運動が今週末 再度行われると言われている。今回の反日運動は地域が限定されておらず いろいろな地域で行われているというのが特徴のようですね。ネットの活用で そのようになったと言われてますが。難しい事はさておき、とりあえず 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LoadRunner

  • Author:LoadRunner
  • とある男が書いた
    独断と偏見と薄っぺらい知識による信用に値しないブログとなっておりますのでご注意を。
    コメント・トラックバック大歓迎です。
    ご意見やご感想に間違ってる事書いてるようならツッコミも大歓迎ですので。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。