スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拒否し続ける韓国

竹島問題の国際司法裁提訴、韓国外相が拒否姿勢】読売新聞

前回のエントリで予想しましたが、やはり韓国側は国際司法裁判所への提訴を拒否するようです。
まあ分かりきっていた事ですが、国際司法裁判所への提訴は正攻法では無理だと思います。結局は竹島問題解決には国際司法裁判所に変わる方法や、韓国を提訴へ同意させる方法が必要でしょう。

もっとも、国際司法裁判所へ提訴されれば日本の主張が認められる公算が高いです。その場合、韓国では大統領が変わる事態に陥るでしょう。
ここ最近の反日の盛り上がりと韓国政府の反日強化により盧武鉉大統領の支持率が20%から40%にアップしたようですし、支持率が下がった時に日本を叩けば支持率を回復できるのは韓国では常套手段と化しています。

これは逆に日本に出し抜かれた、あるいは日本に屈するように見える事になれば韓国大統領はすぐに失職しかねない危険性をいつでもはらんでいると言う事にもなります。
いわゆる反日教育を推し進めている結果の二面性を表す事になっています。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

着々と進む国際機関の無力化、韓国は何処へ、台湾独立デモ

 ブッシュ大統領の政策の1つに「国際機関を無力化する」目的があることを、以前から日高義樹氏が指摘していたことは前にも紹介した。それが今、次々と具現化しつつあるようだ。疑惑企業との接触認める アナン氏がと国連当局 国連のマーク・マロック・ブラウン事務総

想定内の展開ですが

竹島領有権の国際司法裁付託 韓国へ働きかけ 外務副大臣:産経新聞「竹島の日」条例制定などで韓国が反発を強める中、政府・自民党内で二十四日、竹島の領有権を明確にするため、国際司法裁判所(ICJ)での解決を検討すべきだとの意見が相次いだ。しかし、国際司法裁判

竹島領有権、国際司法裁判へ?

毎度、韓国の記事ではあるが、今日は“竹島の日”施行日ということで、再び竹島問題をあげてみようと思う。今回は少々過激なことを書いているかもしれない。 竹島領有権の国際司法裁付託 韓国へ働きかけ 外務副大臣 「竹島の日」条例制定などで韓国が反発を強める中、政府

・竹島問題  ~情けない日本の首相~

竹島領有権の国際司法裁付託 韓国へ働きかけ 外務副大臣:産経 「竹島の日」条例制定などで韓国が反発を強める中、政府・自民党内で二十四日、竹島の領有権を明確にするため、国際司法裁判所(ICJ)での解決を検討すべきだとの意見が相次いだ。しかし、国際司法裁

「ニューズウィーク」副編集長の竹島に関する意見は正しい?

少し古い話だが、「ニューズウィーク日本語版」に、副編集長であるジェームズワグナー氏のコラムがある。「ThisweekJamesWagner」と題されたこのページを、私は何回か読んでいる。日本における「国旗と国歌の強制」、「沖縄で起きた米軍ヘリ墜落事故」など、この人の意見...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

LoadRunner

  • Author:LoadRunner
  • とある男が書いた
    独断と偏見と薄っぺらい知識による信用に値しないブログとなっておりますのでご注意を。
    コメント・トラックバック大歓迎です。
    ご意見やご感想に間違ってる事書いてるようならツッコミも大歓迎ですので。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。