スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頻発する暴動と北京オリンピック

扇動で群衆が交番襲撃 中国安徽省】共同通信
中国・安徽省で1万人暴動 スーパー襲うと香港紙報道】朝日新聞

中国での暴動が多発しています。

理由としては特に地方政治が腐敗しており、その為に民衆の不満が著しく蓄積しているからだと考えられます。
その為に些細な出来事が暴動へと発展しかねない危険性を常に孕んでいるようです。

このような状況では地方政治に不満を持つ地方の人々が世界中のメディアが集まる北京オリンピックの場で不満を訴える可能性は充分にあるでしょう。
もちろん中国政府もそのような事にならないように厳戒とも言える警備体制を敷くでしょうが、果たして完全に防げるかは疑問です。


不正や腐敗の訴えを受け付ける場所が北京にあるそうですが、その入り口前には不正を訴えられるのを阻止すべく大勢の地方役人が見張っているようです。

どちらにせよ、北京オリンピックの時期は純粋にスポーツを楽しめるような状況ではなく、中国国内問題や台湾問題が一気に噴出する可能性が高いと言うのは知っておくべきでしょう。
スポンサーサイト

朝日不買運動始まる

asahi_fubais.jpg


★★★ 桜 魂 ★★★】や【なめ猫♪】の方々が中心となって始めたようです。

朝日新聞で有名なのは珊瑚事件(詳細は朝日珊瑚事件を語り継ぐサイトで)ですが、10年以上も前の話ですし記憶もだいぶと薄らいでいるのではないでしょうか。

しかし、私の印象で最悪なのはサッカーの中田英選手の引退騒動です。
(詳細はFIFAワールドカップと朝日新聞で)
私は特にサッカー好きと言う訳でもありませんが、この件はよく覚えています。

そう言えば、今年の1月に起きた政治家のNHK番組介入問題を取り上げたのも朝日でしたが、結局何度かNHKと介入したとされる当事者との間で反論の応酬をして、最後は朝日が沈黙しています。

このような記事が積み重なって、私も朝日に対して常々疑問を感じている一人と言えます。

日米で核兵器を買い取る?

ケリー前国務次官補「北朝鮮の核、日米が買い取りも」】日経新聞

記事を読んで「は?」と呟いてました。

まず考えるのは、日米が核兵器を購入してどんなメリットがあるのか?と言う事です。

1.平和的に経済援助と核兵器排除を同時に行える。
2.国連安保理に付託せずに済む

と言った所でしょうか?
おそらくその目的が達成されるとしても核兵器はアメリカが管理し、日本が金を出す。と言う構図になると考えられます。
最も、その目的が達成される可能性は果てしなく低いですが。

逆にデメリットを考えると

1.日本にとっては脅されて金を出したも同然である
2.日本の核兵器輸入と周辺国は捉える可能性が高い
3.北朝鮮が核兵器を今後も作らないと言う可能性は低い

と、結局は根本的な解決には全くなっていない上に日本が周辺国から核兵器を保有するのかとの反発を受けると言うオマケ付きです。
実際には核兵器をアメリカが管理するとしてもそれを周辺国が完全に信じるかどうかは別問題でありまた新たな火種を生みかねません。

民主党の岡田代表がこのような話に同意したのかは疑問ですが、日本にとってはデメリットが大きく場当たり的な物であり、到底受け入れられるものではないでしょう。

中国のミサイル実験

中国が新型SLBMの発射実験に成功 大連沖から内陸へ】朝日新聞

中国が太平洋進出を目指しているのは周知の事実です。
潜水艦の日本領海への侵入、沖ノ鳥島周辺の海域調査などは太平洋進出を目指す上での流れとなっています。

北朝鮮の核問題に対して韓国にステルス攻撃機を配備するなど、一見すると対北朝鮮シフトとも取れるアメリカですが、すでに将来を見据えて対中国とも言える東アジア地域の米軍の編成を進めています。

東西冷戦はソ連が崩壊した為に終わりを迎えたものの、将来的にはアメリカと中国と言う新たな冷戦の構図が浮かび上がるかもしれません。

自民党が報道ステーションに訂正と謝罪を求める

デイリー自民【平成17年 6月17日】】自民党サイト

上記サイトの中で自民党は「報道ステーション」に謝罪と訂正を求めています。

報道内容の流れは
ぼやきくっくり 6月10日の記事
で伝えられています。

一応報道の中身である10日の参議院拉致問題特別委員会の映像は
電脳補完禄 別館
で扱われております。

一方、報道ステーションの中で自民党議員に「心無い言い方」や「無神経な言い方」をされたはずの救う会の発表では
http://www.sukuukai.jp/houkoku/log/200506/20050616.htm

一部テレビ番組などでは、横田代表ご夫妻へ質問をした
岡田直樹議員について批判がなされているようですが、横田代表ご夫妻は
「岡田先生が自分たちの考えを分かっていた上で、あえて国会の場で
そのことを家族の口から話すことが大切と判断して
あの質問をしてくださったことを有り難く思っています。
岡田先生には委員会の後にお礼しました」と話されています。


と発表しています。


結局、一番「無神経で心無かった」のは報道ステーションの発言と言う事でしょう。

中国で武装集団が村を襲撃

中国・河北省 武装集団が村を襲撃 住民6人死亡、48人ケガ】Yahoo!ニュース(動画)

とりあえず映像を見ての感想は「これは暴動でも襲撃でもなく戦闘か?」と思いました。
発砲してたからそう思ったんでしょうかね?

ざっと他のニュースソースを調べてみたところ、大まかな事の成り行きは

・当局が土地開発の為に村人への立ち退きを強要した。
・立ち退きもしくは立ち退き料に不満を持った村人が開発地に立て篭もった
 (その際に開発作業員の一人を人質に取った?)
・開発作業員達がショットガンや鉄パイプ等で武装して村人を襲撃
 (暴発的発生ではなく何者かが組織した)
・村人側に多数の死傷者が発生

と言う流れかと考えます。

中国の農村部では、中央の管理や監視が行き届いておらず、地元役人による汚職による地方政治の腐敗があり、それに対して地元住民の不満が高まり暴動が頻繁に発生していると言われています。

上記で取り上げた記事にも当局者が襲撃を組織した可能性もあると書いてありますが、再開発を巡り何らかの汚職が役人の中で行われており、それを強行すれば役人達の懐が暖まるのならば、強攻策として襲撃もありうる。
と考える事もできます。
そうすると地元役人が作業員達を扇動して組織立った襲撃を行ったと言う構図は納得できるものかもしれません。

当たっているか分からない予想はともかく、中国ではこのような暴動が地方で頻発していると言う事は知っておくべきでしょう。

ジェンキンス氏の帰郷

北朝鮮・拉致被害者:ジェンキンスさん「ベリー・ハッピー」--40年ぶり母と再会】毎日新聞

時々の更新になった当ブログでは最近どうも韓国紙ばかり取り上げてるような気がするので、日韓首脳会談の日程が決定等の話題は置いておいてこの話題を。

毎日新聞の記事見出しでは「拉致被害者」となっていますが、
ジェンキンス氏はもちろん拉致被害者ではなく北朝鮮への亡命者です。
もっとも「拉致被害者の曽我ひとみさんの夫であるジェンキンス氏」ではあるのですが。

とまあ揚げ足取りのような言い方はともかく、ジェンキンス氏の出身地では彼の帰郷は複雑な気持ちで受け止められているようです。


個人的な意見で言うならば、日本で北朝鮮での生活をどうこう言うよりも
アメリカでこそ北朝鮮での生活の悲惨さを訴えるべきなのかもしれません。
そうすることで脱走兵と言う汚名は消えませんが、「裏切り者だ」とする人々にとって彼が逃げ出した先で安穏とした生活を送り幸福だったという訳ではなかったと理解を寄せてくれるかもしれませんから。

彼が書くと言われる自伝もそのような意味合いが強いのかもしれません。

「独島の月」制定

10月を「独島の月」に 韓国・慶尚北道議会が条例制定】産経新聞

竹島を巡る動きは、遺恨を残しながらも沈静化しつつあるようですが再び韓国側で動きがあったので紹介。

一言で言うならば「独島の月」は10月に公務員は仕事で日本へ行ってはいけませんと言う内容になっています。
最も、プライベートであったり国家的な仕事である場合は適応外のようですが。

島根県の「竹島の日」では、北方領土に比べて国民の認知度が低い為に竹島に関する認知度を上げる為と、この問題に関する国への後押しが目的です。

一方、すでに当ブログでも取り上げた事もありますが、韓国の慶尚北道議会では「独島の日」と言うのもすでに制定しております。
「独島の日」と「独島の月」が揃いましたが、今回の件は内容が伴っており、日本への牽制を目的とした物でしょう。
しかし実際にこの条例に罰則があるようにも見えず、感情だけが先走った条例と考えられます。

自衛隊による北朝鮮先制攻撃?

「日本の北朝鮮先制攻撃、排除できない」発言に国会が騒然】中央日報

日本の自衛隊による北朝鮮への先制攻撃についての議論が韓国の国会で議論されたようです。
ほとんどの議員は、日本の法律上不可能であると理解しているようですが。

対馬沖にて韓国海警と海保の睨み合い その後

【韓日の海上対峙】蔚山海警30人を表彰へ】朝鮮日報
海洋警察庁、日本の過剰対応で抗議書簡】聯合ニュース

昨日の日韓政府の韓国への漁船引渡し合意から僅かしか経っておりませんが、すでに韓国側ではこのような状況となっております。

韓国海洋警察の対応は韓国側からすると
「海保から韓国漁民を守った英雄的行為」となっているようで日本の海保と直接対峙していた海警の職員が表彰されています。

さらに事の発端である漁船乗組員は、海保に「海保職員から暴行を受け、さらに漁船への体当たりで船が破損した」として損害賠償請求訴訟を求める構えであるようです。


さて、韓国側は海保の行き過ぎが問題だと言う論調になっていますが、海保の取り締まりが厳しくなる背景には韓国漁船の違法操業が頻発していると言う事実があるからでしょう。
それを省みる事もせず一方的に日本だけを非難しているように見受けられます。
テレビ報道でも漁船の乗組員は海保職員からの暴行を強調していますが、私としては、操舵室に押し入った際に二人の海保職員と十数人の乗組員がもみ合った結果だと考えます。
テレビで韓国人乗組員の一人が腰と言うか尻の辺りの青アザを見せて「海保職員に後ろから殴られた」と言っていましたので、後ろから殴られてなぜ腰の横に青アザがあるのかは疑問ですが。
他の乗組員達もいかに乱暴に扱われたかをアピールしていたようですが、入院していた人物もどこをケガしているのかわからないくらいの物でしたし、彼らの証言にはとても同意できません。

今までの「竹島問題」や「歴史認識問題」では、
主に韓国の日本への感情が悪化していたように感じられますが、
今回の件では日本の韓国への感情が悪化しているように感じられます。

続きを読む

対馬沖にて韓国海警と海保の睨み合い

逃走漁船は韓国側へ 違反容疑認めることなど条件に合意】朝日新聞

この件での韓国側が強硬に韓国漁船の引渡しを拒んだ理由としては、
漁船を日本側に引き渡すと竹島問題や歴史認識に関する問題と絡めて
「我が国民を日本にむざむざ引き渡すとは何事か」と言う強硬論の噴出を抑え込みたい考えだと思われます。

そして日本と韓国の合意内容については
韓国国内での反日感情のこれ以上強くしない為にも日本側は韓国側の捜査で納得したものと考えられます。

しかし、第七管区海上保安庁の人々にはここまでしておきながら
韓国に引き渡さざるを得ないと言う政府の決着には不満が出るでしょうけど。

韓国世論には海保に対する強硬な態度を問題視する向きもあるようですが、海保の強硬な態度の背景には韓国漁船の違法操業が頻繁に行われていると言う現状もあるようです。

今回の件に関しては、韓国漁船の違法操業については韓国海洋警察が調べると言う事で日本側が了承しましたが、その調査に対しての疑問は現時点で付いています。

憲法九条

日本国憲法は11章103条から成っています。
しかし有名なのは「戦争放棄」を謳った2章の9条です。

第2章 戦争の放棄
第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

となっています。

防衛庁を「防衛省」にしようと言う意見や、自衛隊を「自衛軍」にしようと言う意見は全てこの九条の改正が前提です。
では、九条の改正(憲法の改正)に必要な条件とは、これまた憲法に記載されています。

第9章 改 正
第96条
この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、
国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。
この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、
その過半数の賛成を必要とする。
2 憲法改正について前項の承認を経たときは、
天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

とあります。

たまに見かける「憲法改正は違憲」と言う意見は根拠が全くありません。
世界中の国々の憲法はハードルは高くても変更できない憲法はないと言えます。ですから日本も憲法96条のように憲法改正の余地を残しています。
憲法九条をまるで永遠で不可侵の物とする考えを「九条信教」や「九条信奉」と揶揄されるのは仕方のない事でしょう。

「こちらが決して攻撃しないと言っているから安全である。」
と言う意見は、貴方が詐欺をしない人物であると回りからは信用されているので「振り込め詐欺」の電話が貴方の元に掛かって来ない。と言ってるのも同然なのかもしれません。

参考:日 本 国 憲 法
プロフィール

LoadRunner

  • Author:LoadRunner
  • とある男が書いた
    独断と偏見と薄っぺらい知識による信用に値しないブログとなっておりますのでご注意を。
    コメント・トラックバック大歓迎です。
    ご意見やご感想に間違ってる事書いてるようならツッコミも大歓迎ですので。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。