スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このまま日韓基本条約の破棄となるのか?

日韓基本条約の破棄求める】共同通信
与野党議員27人、韓日基本条約の破棄要求】朝鮮日報

中国の反日運動が、中国政府の押さえ込みで一段落しそうになってきました。
そんな中、韓国政府内でとうとうこの動きが出てきました。
朝鮮日報によると要点は三点
▲韓日両国政府が関連文書をすべて公開する
▲日本が植民地支配に謝罪し、韓日合併が無効であることを明らかにする
▲慰安婦、強制徴用をはじめとする人権侵害および加害事実の公開と被害者への賠償要求

となっています。

韓国が日韓基本条約の時に韓国側へ賠償金として支払った金額を受け取ったまま再び再交渉して賠償金を受け取ろうとしているのは明白です。

さて、極端な話ですが、このまま日韓の国交が制限されれば経済的な打撃を日本は受けます。しかし、日本よりさらに大打撃を受けるのは韓国だと思われます。

このまま韓国政府が反日世論に押されてこのまま突き進むのか、はたまた一定のブレーキをかけるのかは注目されるところです。


参考:[日韓基本条約]Wikipedia
スポンサーサイト

サンゴ礁を守れ

本日は「珊瑚の日」と一部で言われています。

朝日珊瑚事件を語り継ぐサイト
この件からちょうど15年経った本日の朝日新聞では、偶然なのか何らかの意図があるのかは知りませんが「新石垣空港 沖縄県のアセスは落第だ」と言う見出しでサンゴ礁を守れと言った内容の社説が掲載されていました。
ここしばらく反日ばかりなのでたまにはこういうのをどうぞ。

それにしてもK.Yって誰だ?

北京オリンピックはどうなるのか

政府・自民、対中批判噴出 五輪開けるのか/破壊活動を容認】産経新聞

連日の中国のデモと中国政府の反応は、日本内にも中国を問題視する声も上がっているようです。

産経の記事の中で2008年開催予定の北京オリンピックにも触れられていますが、以前のサッカーアジアカップでの日本チームに対する暴動も記憶に新しい中、このままの調子では例えばオリンピックで日本選手と中国選手がいずれかの種目で勝負して日本が勝ったりすれば、アジアカップの時の再来になりかねないと思われます。

北京オリンピックは日本がボイコットすると言うような意見もあるようですが、オリンピックを目指している選手達にしてみれば困った話でしょう。

オリンピック開会式の入場行進で日本選手団が紹介された時にブーイングが起こり、各種目で日本人選手が出るたびにブーイングのような事態にならなければよいのですが。

個人的にはIOCに開催地の再考を要請したいです。

未だ続く反日暴動

一連のニュースで報道されている中国での反日暴動を見て皆さんどういう感想を持たれるのでしょうかね?

私の感想は一言で言うならば「またやってるな」です。

デモを行っているスローガンの一つとして「愛国無罪」と言うのがあるようです。
知らない方に簡単に説明すると「愛国無罪」と言うのは、愛国心からの行動であるから無罪である、と言う意味だそうです。

中国のそれを日本が容認するのならば、逆に日本は愛国心の為に核武装をして防衛予算を増額して強硬な外交路線を歩んでも愛国心の為だ、と言えばお終いですけどね。

正直中国高官の発言はそのまま中国に当てはめた方がしっくり来るものだと思いますが、日本大使館を形だけ警察を配備して投石行為などを一切制止しなかった政府が謝罪も賠償も行わない、では納得のいく物ではないでしょう。

中国寄りあるいは中国側の姿勢な人々は、日本の過去の行動が悪かったから日本も反省すべきだとは言いますが、すでに半世紀前の話であり、ただそれだけで反省しろと言われても戦後世代には到底納得のいく物でもないです。

過去を言い出せばキリがないのはどの国も同じである筈です。
それなのに戦後60年経った今更にこのような大規模なデモが起こるのは中国の反日教育の成果の賜物でしょう。

現状で私は2008年の北京オリンピック開催に甚だ疑問を持っています。

止まらない中国の反日暴動

上海の反日デモ、最大被害 2万人参加、一部が暴徒化産経新聞
上海の反日デモ、一部が暴徒化…地方都市波及の恐れ読売新聞
上海反日デモ:2万人に、一部が暴徒化 日本人2人負傷毎日新聞

未だにデモによる暴動が収まらない中国です。

この際、事実関係や責任問題はすっ飛ばして、中国人の日本に対する思考について考えてみたいと思います。

日本は非道で極悪な国だ
中国共産党はそれを追い返した
非道で極悪で敗戦国の日本が我が国より経済的に優位なのは許せない
しかし我が国は世界で五ヶ国しかない「常任理事国」の一員である
だが、日本が「常任理事国」の一員となれば我が国の優位点が崩れ去る

と言う感情が重なっているのではないでしょうか?
もちろん個人的な見解ですが。

中国の暴動は

北京在住の方が今回の暴動の感想を伝えていたブログがありましたので、そちらを紹介。

ぺきん日記 / 中国・北京より

どうもそこのブログを読んでいると、中国政府が一部主導するような格好になっているような気がします。
思ったより統率が取れていたようにも感じますし。

もっとも、公式には中国政府は無関係と言っていますが。

教科書検定を巡る朝日と産経の攻防

教科書検定を巡って、朝日新聞と産経新聞がお互いの社説でやり取りを交わしているようです。
韓国紙がこの状況を取り上げていたのでまとめてみましょう。

扶桑社教科書をめぐり朝日と産経が社説で攻防】中央日報

産経をファッショ指向としているのはどうかと思いますが。

ともかく、扶桑社の歴史と公民の教科書に賛成の立場を取る産経。
反対の立場の朝日、と言う構図になっています。

6日:朝日【「つくる会」 こんな教科書でいいのか】
>「つくる会」の歴史教科書は、そのバランスを欠いている。4年前、朝日新聞は社説で、教室で使うにはふさわしくないと主張した。今回も同じことを言わざるをえない。
(一部引用)

7日:産経【教科書問題 驚かされた朝日新聞社説】
>朝日新聞の六日付社説「こんな教科書でいいのか」を読んで、驚かされた。これでは、特定の教科書を排除し、自由な言論を封殺するものといえる。
(一部引用)

8日:朝日【産経社説 こちらこそ驚いた】
>朝日新聞はこれまで「検定はできるだけ控えめにすべきだ」「教科書は多様な方がよい」と主張してきた。その考えはいまも変わらない。

> それでも、「つくる会」の歴史教科書を取り上げて批判したのは、やはり教室で使うにはふさわしくない、と考えざるをえなかったからだ。

> 産経新聞が「つくる会」の教科書を後押ししたい気持ちはよく分かる。発行元の扶桑社は、産経新聞と同じフジサンケイグループに属しているのだ。

> もう一つ驚いたのは、扶桑社の営業担当者が検定中の申請本を各地の教員らに渡していたことだ。同社は3度にわたり文部科学省から回収などを指導された。この事実が国会で明らかになった。
(一部引用)

9日:産経【朝日社説 本質そらしてはいけない】
>例によって論点をすり替え、疑問に答えていないからだ。

> 多様な教科書が必要だとすることと、特定教科書を排除することは矛盾する。朝日はいつから二重基準を持つようになったのか。

> 日本の教科書は中国や韓国の国定教科書と違い、複数の教科書の中から、各地の教育委員がふさわしいと判断する教科書を選ぶ仕組みである。多くの選択肢が保障されていることに、日本の教科書採択制度の本質がある。

>当初は、産経が教科書を発行し、扶桑社が発売する予定だったが、十一年の旧文部省の指導で、発行と発売が扶桑社に一本化された。それ以降、産経は教科書の編集に一切かかわっていない。

> 朝日は今年一月、NHK番組が政治家の圧力で改変されたと報じた問題でも、明らかに論点をすり替えた。

> 問題の本質は、特定の教科書が気に入らないからといって、それを排除しようとすることは、自由な言論を保障した民主主義のルールに反しないかという点だ。朝日は論点すり替えで、もうこれ以上、驚かさないでほしい。
(一部引用)


部分部分で引用してみましたが、片方に都合の良いように切り貼りしてないつもりです。
WEB上で両社社説のアドレスが変わるようなのでリンク張れませんので、原文を読みたい方はそれぞれのサイトで見てください。


さて、教科書検定中に扶桑社が白紙標本を教育関係者に渡したと言う事実ですが、これは明らかな違反ですのでどうかと思います。
ですが、他社の白紙標本も流出している様子(教科書準拠教材の著作権侵害及び教科書検定における「白表紙本」流出への対処に関する質問主意書)があるようなので悪しき慣例とでも言うべきでしょうか。

おそらく今回の朝日と産経のやり取りはこれで終了すると予想します。
朝日→産経→朝日→産経と順番に来てますが次の朝日の返答はない、と考えるからです。
結果は明日朝には出ますが、予想を外したら笑ってやって下さい(笑)

(10日付の朝日では再反論があったので見事に予想外しました)

竹島問題と韓国メディア

ドイツ人学者も「独島の国際問題化は不公平」】中央日報

韓国メディアでは、対日本になると相手の主張に全く聞きもせずに自国有利もしくは自国の味方になる意見だけはどんどん掲載しています。

日本の報道では、竹島問題は韓国側の主張が多く報道されていましたが、韓国側の報道で日本の主張を詳しく載せているのはほぼ見た事がありません。

もっとも、竹島は日本領土だとでも発言すれば大統領でも首が飛ぶでしょうが。普通の知識人などが弾圧されているのはどうなんでしょうね。

韓国で「対馬の日」が条例公布へ

馬山市、「対馬の日」条例公布へ】朝鮮日報

前にもエントリで書きましたが、どうやら「対馬の日」が撤回される事もなく公布されるようです。

公式に対馬は日本領土であるとの認識の韓国政府はこの条例の見直しを馬山市に撤回を要請していたようですが、馬山市はそれに応じなかったようです。

対馬が韓国領である主張の根拠:
対馬は新羅の属地? 海外歴史書が存在】朝鮮日報

上記の記事による主な主張は
・対馬が新羅に征服されたかどうかに関係なく、
 その王国(新羅)の属地になったという点に注目する必要がある
・その島(対馬)の住民らが定期的に政府(新羅)の援助を受けた

となっています。

根拠にしては正直に言うと滅茶苦茶です。
「征服された事はなくても属地になった事があって援助を受けた」
と言う点で言えば世界各地に同様な場所はあります。
1997年にイギリスから返還された中国の香港も代表的な場所です。

ともあれ、そんな無理矢理な主張を通して「対馬の日」公布までに至ったこの市議会は、島根県の「竹島の日」に対抗と言うよりはどさくさ紛れの行動だと見えます。
最も、日本政府も対馬市も相手にすらしていないので単なる自己満足の段階でしょうが、これを韓国内で主張し続けられると、本当に対馬を韓国領だと信じ込んでしまうような勢力まで出てきかねないのが問題でしょう。

教科書検定結果と団塊の世代の意見

本日、日本の教科書検定の結果が出ました。

子供の学力低下がゆとり教育の弊害だとする意見もある中で、色々と変化があったようです。

しかし当ブログでは主に韓国や中国が注目していた歴史・公民の教科書について触れたいと思います。

歴史・公民、全社に「拉致」 中学教科書検定結果】産経新聞
中学教科書の検定結果公表、「発展的記述」が初登場】読売新聞
中学教科書に「発展的な内容」初登場 検定結果を発表】朝日新聞
教科書検定:竹島は「韓国が不法占拠」と修正 外交問題へ】毎日新聞

各紙も報道しています。

第一に当ブログとして注目すべきは、「竹島の記述」です。
扶桑社の教科書では「韓国とわが国で領有権をめぐって対立している」と申請。領有権について誤解する恐れがあると検定意見が付き、政府見解に基づき「わが国固有の領土であるが、韓国が不法占拠している」とされたようです。
この記述に関しては、すでに朝鮮日報で取り上げられています。

第二はやはり「拉致問題」の記述でしょう。
北朝鮮による拉致事件を全社の検定教科書で記述されていたと言うのは大きな事だと思います。

政府、日本教科書の歪曲是正を促す】朝鮮日報

もはや聞きなれましたが、この「歪曲・捏造」と言う表現はどうなんでしょうかね?
まだ記事内にも書かれている「過去の過ちを合理化し、美化する内容」だからダメだ。と言うのならまだ理解できるのですが、いきなり歪曲だ捏造だとこられては単なる因縁を付けているだけに見えてしまいます。

さて、検定は終了したものの実際にこれらの教科書を採択するかは自治体の教育委員会や学校などが決定する訳ですが、すでに韓国には検定の通過を見越して使う教科書の決定を行う機関への働きかけを強めようとしている動きがあります。
特に「つくる会」の教科書を支持する人々は、この検定結果を前向きに受け止めているようですが、このような動きにも注視すべき事だと思われます。

これらを受けた現在悪化している中韓の二国の動きにも注目すべきであり、すでに中国では先日のデモに関連する勢力が日本製品の不買運動を加速させようとしている模様です。

続きを読む

中国での暴動事件について

前回のエントリでも少しだけ書きましたが、中国内でのイトーヨーカドー襲撃の話題に触れたブログが写真付きでありましたのでそちらを紹介。

速報・四川省・成都のイトーヨーカドー中国暴徒に襲われる。】僕が僕であるために
中国の現状】僕が僕であるために

これはどう見ても暴動ですね。

日本の常任理入り反対デモ 中国成都では日系店舗壊される】産経新聞
中国で反日デモ 成都でヨーカ堂のガラス割られる】朝日新聞
中国:日本の常任理入り反対デモ 広東、四川両省で】毎日新聞

日本の新聞でも記事にされてました。
産経によると、30人程度のデモで暴動へ発展し、数百人が野次馬として集まったとしているようですが、朝日にいたっては数百人、毎日では1000人規模とされています。
まあ規模云々はともかく、おそらく大部分が反日を理由にした火事場泥棒を狙っていたのだと思われます。
中国公安警察に阻止されたようなのでそこまではいかなかったようですが。

中国・広東省で大規模反日デモ、常任理事国入り反対】読売新聞

読売ではジャスコが襲われた事の方に触れてますね。

以前の中国で開催されたアジアカップでの暴動も記憶に新しいです。
中国には反日を前面に掲げた集団になってしまうと
「日本に関わる物には何をしてもいいんだ」と言う集団心理が働きやすいのかもしれません。


追記:
過去にアメリカとの間で貿易摩擦が起こった時に、アメリカ人達が日本車を叩き壊すシーンをニュースで見た記憶があるのですが、日本車を売っている店舗を襲撃していた訳ではなかったと記憶してますので、あれはデモを行った人々がわざわざ車を買って壊したのかは興味があるところです。

アメリカも呆れる反日

「反日」中国に不利益 米紙、社説で警鐘 要因は教育、経済関係損なう】産経新聞

常任理事国入りを目指している日本ですが、それに反対する動きが中国内で活発化しています。
日本製品の不買運動や、まだ不確定情報ですが中国内の日系企業であるイトーヨーカドーが暴徒に襲われたとの情報もあります。

中国が支配体制の維持の為に反日教育をしていというのは有名な話です。
しかし、中国内での反日運動は共産党自身での制御が難しくなっている事も事実です。自ら率先して行った反日政策によって足元をすくわれかねない事態になってきています。
政冷経熱と言われる今の日中関係ですが、中国国内での反日が行き過ぎると日本のみならず中国も経済に打撃を受けます。
中国政府はそうならない為にも行き過ぎる反日運動の押さえ込みをしていますが、そのような姿勢が逆に反日勢力から弱腰との批判を受けています。

今後、反日運動が崩壊するような事があればその運動の矛先は間違いなく共産党へ向かい、中国の分裂の危機を引き起こす可能性があるでしょう。

だから信頼できない韓国紙

日本自衛隊巡視船が独島遊覧船に接近】朝鮮日報

この記事ではタイトルで自衛隊の名前が出ていますが、元記事と一緒に掲載されている船は海上保安庁所属の船です。
記事内でも巡視船と書いてあります。
そこまで書いておきながら記事の見出しから自衛隊が外れていないのは著しく信頼性に欠けています。
韓国では海上保安庁と自衛隊を混同している記事が前回もありました。

[韓国領域に日本の哨戒機が侵犯]にて語った事もあるように、どうも自衛隊と海保を一緒くたにして、韓国世論に危機感を煽ろうとしていると考えられます。
そうでなければ単に間違いに気付きながらも修正すらしない新聞と言う評価で落ち着きますが。

ちなみに海保だろうが自衛隊だろうが武装している船なんだから一緒だろうと言う論は、警官と軍人を一緒にしているのと同じような事ですので。

エイプリルフール!

当方のブログでは見事なエイプリルフールっぷりを披露できませんのであしからず。

ところでエイプリルフールなのはさておき、いつものようにニュース感想ではなく、単なる個人的な疑問ですが。皆さんRSSリーダーって使ってらっしゃるんでしょうか?
私はとりあえず「Miech」と言う物を使ってるんですが、もっと良いRSSリーダーがあるもしくはMiechよりこっちの方が良いってのがあれば知りたいです。

あと、BBS付けてみましたのでそっちの方もよろしくお願いします。
右側の「BBS & OHTER」の所から入れますので、エントリ内容と言うよりもこのブログ自体への感想・意見はそちらへどうぞ。
プロフィール

LoadRunner

  • Author:LoadRunner
  • とある男が書いた
    独断と偏見と薄っぺらい知識による信用に値しないブログとなっておりますのでご注意を。
    コメント・トラックバック大歓迎です。
    ご意見やご感想に間違ってる事書いてるようならツッコミも大歓迎ですので。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。